ここから本文です

2018年に一番活躍したと思う男性声優は?【結果発表】“推せた”声優からランキングが変化!注目のトップは…

2018/12/27(木) 7:15配信

アニメ!アニメ!

2018年も数多くのアニメが放送・公開された年でした。TVアニメは毎クール約50本以上がオンエアされ、劇場アニメもオリジナルからTVシリーズの映画版まで、バラエティ豊かな作品が揃いました。

【画像】ランキング上位声優(宣材写真)

アニメ!アニメ!では昨年に引き続き、今年もアニメ総選挙を実施しました。2018年を振り返って「一番活躍したと思う声優」と、読者個人がお薦めする「一番“推せた”声優」についての読者アンケートを行いました。11月19日から12月13日までのアンケート期間中に約3,000人から回答を得ました。
男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約57パーセント、20代が約26パーセントと若年層が中心でした。続いては「一番活躍したと思う男性声優」の結果を発表します。


■トップは梶裕貴さん 中間結果からトップを独走
1位は梶裕貴さん。支持率は約16パーセントで、中間結果からトップを維持しました。
2018年は『進撃の巨人 Season 3』のエレン・イェーガー、『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』のメリオダスなど、数々のテレビアニメや映画で主人公を担当。主演以外にも『僕のヒーローアカデミア』の轟焦凍を推す声も多数寄せられています。


読者からは「とにかく声を聞かない日がなかった」や「いろいろなアニメイベントに行くと、いつも梶さんがいました」というコメントが集まっています。声優以外にも書籍の出版やテレビ番組への出演、朗読劇に学園祭のトークショーなど幅広い分野で大活躍。「さまざまなことにチャレンジしてるんだなと感じます」という声もありました。

2位は宮野真守さん。支持率は約12パーセントでした。宮野さんもアニメ映画『GODZILLA』シリーズや『シュタインズ・ゲート ゼロ』などで主人公を担当。秋の映画『プリキュア』では敵役を演じていることや、現在放送中の『ゾンビランドサガ』で謎のアイドルプロデューサーを演じていることを挙げる意見もありました。


ファンからは「『ファンタスティック・ビースト』や『グリンチ』など、海外作品の吹き替えでも活躍しているから」というコメントが多かったです。さらに2018年はアーティスト活動10周年でもあり、「FNS歌謡祭」への出演を祝福する声も。「声優の仕事を大切にしつつ、あらゆるジャンルに挑戦して、それを声優としてのレベルアップにつなげているところがすごい」と、真摯な姿勢が人気の理由です。

3位は神谷浩史さん。支持率は約9パーセントでした。今年もさまざまな作品でメインキャラを担当。とくに待望の映画化となった『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』と、劇場でイベント上映された『続・終物語』。長年演じてきた人気シリーズ2作品がファンにとって印象深かったようです。ナレーションやアーティスト活動、朗読劇なども人気を博しており「今まで以上に仕事の幅を感じることができた」というコメントも寄せられています。


注目は16位の古谷徹さん。『名探偵コナン ゼロの執行人』の安室透役をイチオシに上げる声が多かったです。映画の興行収入が全世界合計で100億を超えたことや、安室が「DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞に選ばれたことを祝福するコメントもありました。


「活躍したと思う男性声優」にはアニメでメインキャラクターを演じているだけでなく、幅広い分野で活動している面々が選ばれました。さまざまな仕事にチャレンジする姿も、ファンの心に残っているようです。次回は「一番活躍したと思う女性声優」の結果を発表します。

■ランキングトップ10
[一番活躍したと思う男性声優]

1位 梶裕貴
2位 宮野真守
3位 神谷浩史
4位 杉田智和
5位 斉藤壮馬
6位 松岡禎丞
7位 内田雄馬
8位 石川界人
9位 岡本信彦
10位 福山潤

(回答期間:2018年11月19日~12月13日)


■ランキングトップ20
[一番活躍したと思う男性声優]

1位 梶裕貴
2位 宮野真守
3位 神谷浩史
4位 杉田智和
5位 斉藤壮馬
6位 松岡禎丞
7位 内田雄馬
8位 石川界人
9位 岡本信彦
10位 福山潤
11位 中村悠一
12位 櫻井孝宏
13位 梅原裕一郎
13位 前野智昭
15位 小野大輔
16位 古谷徹
17位 下野紘
18位 島崎信長
19位 上村祐翔
20位 山下大輝


(回答期間:2018年11月19日~12月13日)

アニメ!アニメ! 高橋克則

最終更新:2018/12/27(木) 11:39
アニメ!アニメ!

あなたにおすすめの記事