ここから本文です

「2018 Indie of the Year Awards」ユーザーが期待する今後登場予定のインディーゲームTOP10!

2018/12/27(木) 14:49配信

Game Spark

先日、IndieDBスタッフによる「Editors Choice」受賞作品が発表されたアワード「2018 Indie of the Year Awards」ですが、新たにユーザーが期待する今後登場予定のインディーゲームTOP10「Players Choice Best Upcoming」が公開されました。

大きな写真で詳しく見る

選外佳作惜しくもランクインしなかった、あるいは過去に「Players Choice Best Upcoming」にランクインしたため資格がない作品。
・『Mount & Blade II: Bannerlord』
・『Red Alert 2: Apocalypse Rising』
・『Battle for Dune: War of Assassins』

第10位
『Starmancer』 from Ominux Games

『Dwarf Fortress』にインスパイアされた宇宙ステーション構築ゲーム

第9位
『Griefhelm』 from johnnylonack

『Nidhogg』のような三方向の戦闘システムを備えた決闘ゲーム。

第8位
『Between the Stars』 from TheBullet

軍用宇宙船の船長としてプレイするローグライクゲーム。

第7位
『Pine』 from Twirlbound

人間が食物連鎖の頂点に到達していない世界を舞台にしたアクションアドベンチャー・シミュレーションゲーム。

第6位
『3 Minutes to Midnight』 from Scarecrow Studio Limited

ルーカスアーツの『モンキーアイランド』『デイ・オブ・ザ・テンタクル』『サム&マックス』にインスパイアされたポイント・アンド・クリックアドベンチャーゲーム。

第5位
『Splitgate: Arena Warfare』 from 1047 Games

『Portal』の戦略的要素とFPSを組み合わせたSci-Fiマルチプレイヤーシューター。

第4位
『Arisen』 from Bad Painted Wolf


新石器時代を舞台にしたサバイバルリアルタイムストラテジー。

第3位
『The Forgotten City』 from Modern Storyteller

神話の街を舞台にしたタイムトラベル殺人ミステリー。

第2位
『Foundation』 from Polymorph Games

有機的な開発、記念碑の建設、資源管理に重点を置いた中世都市建設シミュレーションゲーム。

第1位
『HYPERCHARGE: Unboxed』 from Digital Cybercherries
<video width=”100%” src=”” poster=”” controls muted></video>
アクションフィギュアとなって要塞を敵の波状攻撃から守るCo-opシューター。
様々なアイデアや表現方法で挑戦するインディーゲーム。「2018 Indie of the Year Awards」の最終結果は現地時間12月28日に発表予定です。

Game*Spark RIKUSYO

最終更新:2018/12/27(木) 14:49
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事