ここから本文です

(けいざい+)2018年回顧と展望:中 品質不正次々、揺らぐ信頼

2018/12/27(木) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 神戸製鋼所の品質データ改ざん、日産自動車やスバルの無資格検査が発覚した昨秋以降、大手メーカーで品質を巡る不祥事が後を絶たない。今年も自動車や素材などの業界を代表するメーカーで次々と不正が発覚し、製造業の品質不正は底なしの様相をみせた。日本のものづくりの信頼が大きく揺らいだ一年となった。
 とりわけ深刻なのは、自動車メーカーにとって最も優先度が高いはずの車の安全性能にかかわる品質不正が明るみに出たことだ。
 スバルは9月、出荷前に車の性能を確かめる検査の不正が、排ガス・燃費データの改ざんにとどまらず、ブレーキやハンドルでも見つかったと発表した。…… 本文:1,840文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:2018/12/27(木) 16:00
朝日新聞デジタル

あなたにおすすめの記事