ここから本文です

ASKA、オーケストラと共演した全国ツアーが閉幕!パリ木の十字架少年合唱団とのバーチャル共演も実現

2018/12/27(木) 20:42配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■ASKA、アジアツアーの開催&台湾の人気番組『超級巨星紅白藝能大賞』への出演も決定
2018年の音楽シーンを席巻した『ASKA × オーケストラ-THE PRIDE-』公演が、12月23日に静岡でグランドフィナーレを迎えた。

【画像】ソロアルバムの楽曲をリミックスした『SCENE』

ツアーは11月5日の東京公演を皮切りに全国11公演を敢行。全公演完売のなか、待望のアンコール公演が静岡・グランシップ 大ホール・海にて開催さら、「SAY YES」「YAH YAH YAH」などのヒットレパートリーから、「今がいちばんいい」「しゃぼん」などの新作まで、現在のASKAを体現する楽曲が東京フィルハーモニー交響楽団の壮大な響きとともに披露された。

そして、“LAST OF LAST”と題したアンコール公演の最後を飾ったのは、ASKAの最新作品「歌になりたい」。大スクリーンに登場した「パリ木の十字架少年合唱団」の映像、歌声と、舞台上のASKAとオーケストラの生演奏による共演がついに実現。まさに“奇跡の演出”によってASKAと少年たちの歌声が重なり、グランシップの大空間に降り注いだ。

2019年2月6日からは、バンドツアーがスタートするASKAだが、2019年6月にアジアツアーの開催が決定した。アジアツアーの日時や開催場所は、2019年1月上旬に現地で行われる記者会見で発表され、その模様はライブストリーミングでも配信される予定。

また、アジアツアーに向け、2月4日の旧正月の大晦日に放送される、台湾で最も歴史のある地上波テレビ局「TTV」が制作放送する大型歌番組『超級巨星紅白藝能大賞』にスペシャルゲストとして出演することが決定。

『超級巨星紅白藝能大賞』は、2010年に初めて放送された人気番組で、収録は、台湾、中華圏、J-POP、韓流のトップアーティストが出演し、1万1,000人の観客を収容できる台北アリーナで行われている。ASKAが出演する回の収録は、2019年1月5日を予定している。

リリース情報
2018.10.15 ON SALE
DIGITAL ALBUM『We are the Fellows』

2018.10.15 ON SALE
DIGITAL ALBUM『Made in ASKA』

2018.10.17 ON SALE
ALBUM『We are the Fellows』

2018.10.17 ON SALE
ALBUM『Made in ASKA』

2018.11.21 ON SALE
ALBUM『SCENE -Remix ver.-』

2018.11.21 ON SALE
ALBUM『SCENE II -Remix ver.-』

2019.02.06 ON SALE
DVD&Blu-ray『ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-』

ASKA 商品特設ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/aska-sp2018/

ASKA OFFICIAL WEBSITE
https://www.fellows.tokyo/

あなたにおすすめの記事