ここから本文です

南山タワー・老舗ベーカリーなど「ソウル未来遺産」に選定

2018/12/27(木) 14:16配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は27日、南山ソウルタワー、老舗ベーカリー「ナポレオン菓子店」など14の「ソウル未来遺産」を選定したと発表した。

 ソウル市は2012年から近現代のソウルの姿が残る有形・無形遺産を発掘し、これまで461の未来遺産を選定した。

 南山ソウルタワーは1975年に完成した韓国初の総合電波塔で、現在はソウルの名所として親しまれている。

 2代目が切り盛りするナポレオン菓子店は製菓・製パン業界の人材を輩出し続けている。

 このほか、培材高校アッペンツェラー記念館、淑明女子高校図書館、地下鉄景福宮駅、京義線森の道、金末峰(キム・マルボン)の長編小説「イノバラ」(原題)なども遺産に選ばれた。

最終更新:2018/12/27(木) 16:21
聯合ニュース

あなたにおすすめの記事