ここから本文です

【ホープフルS】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

2018/12/27(木) 22:55配信

デイリースポーツ

 「ホープフルS・G1」(28日、中山)

 レースが行われる28日、中山競馬場のある千葉県船橋市の天気予報は晴れ。雨の心配はなく、良馬場決戦が見込めそうだ。芝は3角から4角、および正面にかけて、コース内側に傷みが見られる。

 先週日曜の芝レースも、1桁馬番3連対に対して2桁馬番は9連対。降雨の影響もあって外枠優勢の状況だった。タフなコンディションになっているだけに、最終日も外差しに注意したい。V時計は昨年並みの2分1秒台を想定する。

 振り返れば、G1昇格元年の昨年は前半5F59秒6-後半5F61秒8の前傾ラップ。2歳戦にしては非常に厳しい流れとなり、道中10番手以降で脚をためた組が3着までを独占した(馬番は7→15→13の順で入線)。持ち時計などは気にせず、シンプルに外枠の差し馬を狙い撃つ。

 今年の並び順を見渡すと、有力馬が内めの枠に固まっていることに気付くだろう。そこで浮かび上がるのが11番のヴァンドギャルド。デビュー2戦はともに上がり3F33秒9を記録と、非凡な脚力を持つ。

 昨年タイムフライヤーを初代王者に導いたC・デムーロが末脚を引き出してくれるに違いない。

最終更新:2018/12/27(木) 23:02
デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事