ここから本文です

飲酒運転疑いの巡査部長・自宅近くで運転代行断る 山形・南陽市

2018/12/27(木) 12:05配信

さくらんぼテレビ

山形県の南陽警察署の警察官が飲酒運転の疑いで事情聴取を受けている問題で、この警察官が自宅近くで運転代行の送迎を断っていたことが分かった。

この問題は、南陽警察署に勤務する巡査部長が12月下旬に飲酒運転した疑いで、警察から任意で事情聴取を受けているもの。

巡査部長は自宅以外の場所で飲酒した後に運転代行を利用したが、自宅近くで送迎を断り、自分でハンドルを握って帰宅していたことが新たに分かった。

警察が運転代行業者から情報提供を受けて巡査部長の呼気を調べた結果、酒気帯び運転の基準値を超えるアルコールが検出された。警察は運転代行を利用しながら途中で断った理由などを調べている。

最終更新:2018/12/27(木) 12:05
さくらんぼテレビ

あなたにおすすめの記事