ここから本文です

ビジネスインフルエンサーに聞く人脈作りと情報収集方法

2018/12/27(木) 19:00配信

テレ東プラス

「テレ東プラス」では、Facebookの登録上限である“友達5000人“に達する人物だけが参加できる「五千人会」に潜入。確かな情報収集力と強い発信力を併せ持つ“ビジネスインフルエンサー“たちに成功のヒントを聞く企画・後編。

今回は、起業家や投資家をはじめ、幅広い人脈といち早い情報収集でビジネスを成功させている人々が集まる「五千人会」の主催者を直撃。また、参加者にも引き続き話を聞いた。

「五千人会」主催者の人脈作り

山口豪志さん(35)
プロトスター株式会社 代表取締役COO
日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」の立ち上げに参加。その後、クラウドソーシング、ベンチャー企業の支援に携わる。個人投資家としても活動。

《Facebookの友達5000人はどんな人?》
名刺交換だけで終わらせない
「この『五千人会』に参加している人たちはみんな、リアルに会った人5000人と友達になっている方々です。僕の場合は、名刺交換した方と、“交換しただけ“で終わらせないよう心がけています。これまでイベントや展示会で累計2万枚ぐらい名刺交換をしてきた方々とは、月に200~300人ペースで会っています。年末だと一晩に会食3~4件は当たり前ですね」

Facebookは肩書など関係なく付き合える
「Facebookは、その人が今何をしているのか、どういう人なのかが分かって、肩書とは関係なく付き合えます。僕は、友達のほかにフォロワーが3000人ぐらいいて、自叙伝を書くためクラウドファンディングをしたら360万円集まり、それで本が作れました。旅行好きで島が好きなので、Facebookを通じて、この会にも参加している太田くんから『離島に行きませんか』と誘われて今年、壱岐島に行ったんです。そこがすっかり気に入って、移住することにしました。来年引っ越します」

《情報の収集・選別・活用方法》
“面白い情報を流す人“として認知されること
「広報の仕事をやってきたので、記者や情報を発信する側のインフルエンサーとつながっています。彼らは取って出しの面白い情報をシェアするので、最新情報が分かります。また、それを自分のアカウントでシェアするとより速い情報が流れるので、僕のフォロワーも増えて、面白い情報を流す人として認知されるんです」

投資先に関する情報を常にチェック
「情報収集のために使っているツールは、Facebookメッセンジャー、Twitter、Yahoo!リアルタイム検索。僕は投資家でもあるので、Yahoo!リアルタイム検索は自分の関係先が今どんなキーワードでシェアされているかを知るために見ています。TwitterやFacebookは、実はネガティブ情報が多いんです。もしも投資先がネガティブなコメントでバズっていると、企業家に連絡して『すぐに対応した方がいい』とアラートを出します。ネガティブ情報を放っておくと、黙認したことになってしまうので、一刻も早く正しい情報を出さないといけないんです」

週末はビジネス系の番組を倍速でまとめ見
「テレビは、ビジネス系の番組を全て録画して、週末に倍速でまとめ見します。『WBS』『カンブリア宮殿』『未来世紀ジパング』(以上、テレビ東京)『クローズアップ現代+』(NHK)を見ています。

『未来世紀ジパング』は著名人がコメントを入れながらニュースの周辺情報を教えてくれる。場所のこと地域のこと歴史のこと、いろんな観点で学べるから面白いですね。知人は、講演会の時に、この番組の映像を使わせてもらっているんですよ。

また、以前『WBS』で6分ぐらい僕の特集を組んでもらったら、年商で36億円増えました。テレビによって社会が大きく動くし、そのぐらい影響力がある。テレビに関しては、動いているということを分かってその情報を見るという観点と、自分が動かす側としてその情報をどう使えるかという観点で見ています」

1/3ページ

最終更新:2018/12/27(木) 19:00
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事