ここから本文です

絢香、ライブツアーに篠原涼子がサプライズ登場

2018/12/27(木) 11:54配信

E-TALENTBANK

約3年半振りとなるオリジナル・アルバム『30 y/o』を発売したシンガーソングライターの絢香。12月16日の大阪城ホールより最新アルバム曲を中心に構成されたツアー『絢香“30 y/o”Tour 2018-2019』が始まり、昨日12月26日には恒例の日本武道館で公演が行われた。

12月26日に日本武道館公演を行うことは今年で5年連続となる絢香。本ツアーでは、ピアノ・ギター・パーカッション・チェロという他ではあまり聞かない、絢香の歌声がよりダイレクトに耳に響く、シンプルかつ豪華な編成で全国を回っている。

本編では、赤と白のコーディネートの衣装を身にまとい、映画「人魚の眠る家」主題歌のために描き下ろしたという『あいことば』をはじめ、手帳は高橋のイメージソングである『365』、アイダ設計 ZEH住宅『BRAVO ZNEXT』CMソングの「カラフル!!」、自身の代表曲の1つである『にじいろ』『三日月』などアルバム『30 y/o』の収録曲を中心に代表曲も織り交ぜ、全16曲を披露した。

本編終了後、間もなく客席からアンコールが沸き起こり、それに答える形で絢香が再度ステージに現れると、サプライズゲストとして絢香が主題歌『あいことば』を担当した、映画『人魚の眠る家』で第43回報知映画賞主演女優賞を受賞した篠原涼子が花束を持ち「武道館おめでとうございます」とステージに上がった。

絢香とは映画がきっかけとなり、プライベートでもやり取りをするようになったといい、武道館の多くのお客さんの前でテンションの上がった篠原は「歌っていいですか?」とはしゃぎながらも、主題歌「あいことば」の曲や歌詞が映画を引き立ててくれ、曲を聴きながら、歌詞を感じながら演じたと話し、ライブでの「あいことば」は映画を思い出し、こみ上げながら見ていたと語った。

絢香は駆けつけてくれた篠原に感謝を伝えつつ、「『人魚の眠る家』に出会えなければ、『あいことば』という曲は生まれなかった。本当に素晴らしい作品です。」と話した。

また、来年2019年3月27日大阪フェスティバルホールでの同ツアー追加公演が発表され、全国22会場28公演を実施する。

株式会社イータレントバンク

最終更新:2018/12/27(木) 11:54
E-TALENTBANK

あなたにおすすめの記事