ここから本文です

ベテラン漁師も首かしげる 謎のハタDNA分析へ

2018/12/27(木) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県白浜町沖で26日、謎のハタ類が釣り上げられた。全長88センチ、重さ11キロ。京都大学白浜水族館で種類がはっきりせず、DNA分析で識別することになった。釣り上げた同町湯崎の民宿経営、原嘉朗さん(52)は「ベテラン漁師でも種類が分からない」と驚いている。

 原さんは民宿の傍ら漁もしており、同日午前6時ごろクエを狙って自前の漁船で出港。生きたアオリイカを餌に手釣りをしていた。午前7時半ごろ当たりがあった。引きの具合からクエと思ったが、釣り上げてみると見慣れない魚だった。

 知り合いの漁師に聞いてみたが「マハタに似ているが、それよりうろこが大きく、体色も違う」と誰にも分からず、水族館に持ち込んだ。

最終更新:2018/12/27(木) 17:01
紀伊民報

あなたにおすすめの記事