ここから本文です

横浜FM、2選手が秋田へ期限付き移籍…FW和田昌士とMF堀研太

2018/12/27(木) 16:34配信

SOCCER KING

 横浜F・マリノスは27日、FW和田昌士とMF堀研太がブラウブリッツ秋田へ期限付き移籍すると発表した。期限付き移籍期間は2020年1月31日までとなっており、両選手は2019シーズン公式戦における横浜FMとの対戦には出場できないことも決まっている。

 和田は1997年4月生まれの現在21歳。横浜FMの下部組織出身で、2016年にトップチームへ昇格した。2017年にはレノファ山口FCへ期限付き移籍を経験し、今シーズン開幕前に横浜FMへ復帰していた。今季の明治安田生命J1リーグでの出場は無かったが、JリーグYBCルヴァンカップでは4試合に出場した。

 堀は1999年4月生まれの現在19歳。横浜FMの下部組織出身で、2018年にトップチームへ昇格した。今季の公式戦では出場機会が無かった。

 両選手は横浜FM、秋田の公式HPで以下のようにコメントを発表している。

■和田昌士
「ブラウブリッツ秋田でプレーすることになりました。再び横浜から遠く離れることになりますが、試合で多くの経験を積んで成長したいと思いこの決断に至りました。これからも応援よろしくお願いします」(横浜FM)

「ブラウブリッツ秋田に加入することになりました和田昌士です。J2昇格の力になれるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!」(秋田)

■堀研太
「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍することになりました。試合に出てファン・サポーターの皆様、クラブ関係者へ良い報告ができるよう頑張ります。必ず成長して帰ってきます」(横浜FM)

「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍してきました堀研太です。クラブのJ2昇格に貢献できるよう精一杯戦います。そして自分自身の成長にも繋げていきたいと思います。よろしくお願いします。」(秋田)

SOCCER KING

最終更新:2018/12/27(木) 16:34
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事