ここから本文です

相模原の西ヶ谷監督が1年で退任「相模原の発展を心から願っています」

2018/12/27(木) 17:29配信

ゲキサカ

 SC相模原は27日、西ヶ谷隆之監督(45)が今季をもって退任することを発表した。

 西ヶ谷監督は2015年6月から2017年まで水戸を率い、今季から相模原の指揮官に就任。チームはJ3リーグ戦で12勝6分14敗(勝ち点42)の9位だった。

 退任に際してクラブ公式サイトを通じ、「一年間という短い期間でしたが大変お世話になりました。特ににサポーターの皆さんには、苦しい時期も暖かい声援を送り続けていただき感謝でいっぱいです。チームを離れることにはなりましたが、これからもSC相模原の発展を心から願っています」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●西ヶ谷隆之
(にしがや・たかゆき)
■生年月日
1973年5月12日(45歳)
■出身地
静岡県
■選手歴
清水市立商業高-筑波大-名古屋-福岡-V川崎-市原-新潟
■指導歴
2003年:筑波大蹴球部 コーチ
2004年~2006年:東京V1969ユース コーチ、明治大サッカー部 コーチ(兼務)
2007年:東京Vユース コーチ
2008年~2009年:東京VJrユース 監督
2010年~2011年:中京大サッカー部 監督
2012年~2012年5月:新潟 ヘッドコーチ
2013年~2015年6月:水戸 ヘッドコーチ
2015年6月~2017年:水戸 監督
2018年:相模原 監督

最終更新:2018/12/27(木) 17:29
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事