ここから本文です

【RIZIN】堀口恭司、体格差も問題なし「強さを世界に見せる」

2018/12/28(金) 18:04配信

イーファイト

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.14』で、ベラトール世界バンタム級王者ダリオン・コールドウェル(30=アメリカ)とRIZINバンタム級タイトルマッチ(初代王座決定戦)を争うRIZINバンタム級トーナメント優勝者・堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)が、28日(金)都内にて公開練習を行った。

【フォト】今回も、堀口の得意な打撃でKO勝利できるか

 堀口は、切れ味抜群のシャドーをマスコミ関係者の前で披露。独特の低い姿勢から放たれる左ジャブ、右ストレートが目立ち、左右のサイドキックを繰り出した。時折、天心戦でも見せた飛び込みのストレートも織り交ぜた。

 バンタム級トーナメントを制しベルトを巻いた堀口だが、今回の相手が現役ベラトール王者ということで「普段アメリカで練習していますが、テレビで見たとても大きな団体のチャンピオンと決まって嬉しかったです」と話す。

 対戦相手の印象については「レスリングベースで打撃の選手。経験したことのないタイプですね。投げ技、飛びヒザなどバネがある選手で、タックルにいくと見せかけての打撃が危険でやりづらい」と述べたが「アメリカで、身長が高くレスリングベースの選手と練習をやってきたし、ディフェンス、テイクダウンの対策はできている」と自信ありげに語る。

 コールドウェルはフェザー級でも活躍しており、元々フライ級の堀口にしてみれば体格差という問題もあるが「はっきり言って気にしていないですね。当たれば倒れます」と打撃でKOすることを誓った。

 同大会では前回のRIZINで戦ったRISE世界フェザー級王者・那須川天心20=TARGET/Cygames)がフロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)と対戦するが「天心とは(コールドウェル)とタイプが違うがいい経験になった。エキシビションだが、どのような試合になるんだろうとは思う」とコメント。

 RIZINに参戦して無敗、次々と国内外の強豪を撃破してきた堀口にとって厳しい1戦になりそうだが「しっかりと自分が勝たないとダメ」だと言い切り、エキシビションを除けばこの試合が実質のメインイベントとなる。「ベラトールにはいつでも行くし、自分は常に日本のトップとしてこれだけ強い日本人がいるということを世界に見せたい」と、実力で世界に自分の名を轟かせると宣言した。

 

最終更新:2018/12/28(金) 18:04
イーファイト

あなたにおすすめの記事