ここから本文です

中国通信2社の禁止検討

2018/12/28(金) 0:57配信

共同通信

 【ワシントン、北京共同】ロイター通信は27日、トランプ米大統領が、安全保障上の脅威を理由に、米企業が中国通信機器大手の製品の使用を来年1月にも禁止することを検討していると報じた。華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の2社が念頭にある。中国の不公正な貿易慣行を巡る米中協議を年明けに控え、新たな貿易摩擦の火種となりそうだ。

 米政権は2社が中国政府とつながりがあるとみており、米企業の情報が通信機器を通じて中国側に流れることを防ぐ狙い。大統領令により商務省に指示を出すことを想定している。

最終更新:2018/12/28(金) 5:44
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事