ここから本文です

ポール・マッカートニー、いじめ反対を新PVで訴える エマ・ストーンが出演

2018/12/28(金) 10:06配信

シネマトゥデイ

[ロンドン 19日 ロイター] - ポール・マッカートニーがリリースしたニューシングル「Who Cares」のプロモーションビデオに、女優エマ・ストーンが出演した。この曲は、若者にいじめへの抵抗を促すものという。

【写真】『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で海賊にふんしたポール

 ビデオで2人はパントマイムやダンスを披露。白と黒のセットの中で道化師のような集団がストーンを苦しめ、マッカートニーと2人で車で逃走する物語が表現されている。

 マッカートニーはウェブサイトに、「いじめを受けている子どもたちがこの歌を聴いてビデオを見ることで、事態はそれほど悪くないと思ってくれればと願っている。いじめは抵抗し得るものであり、笑い飛ばし、克服できるものだと思ってくれれば嬉しい」と投稿した。

 「Who Cares」は、マッカートニーの17枚目のソロアルバム「エジプト・ステーション」に収録されている。

画像:(2018年 ロイター/Diego Vara)

最終更新:2018/12/28(金) 10:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事