ここから本文です

阪神ドラ5・川原、長崎のスターになる! プロ“初仕事”野球教室で誓った

2018/12/28(金) 6:01配信

デイリースポーツ

 阪神ドラフト5位の川原陸投手(18)=創成館=が27日、プロ野球選手の“初仕事”として、長崎県大村市の運動施設で行われた「プロ野球長崎県人会 スマイル少年野球教室」に参加し、いずれは長崎のスターになることを誓った。夢を与えてもらった立場から、与える立場へ。笑顔と決意の時間を過ごした。

【写真】創成館では大阪桐蔭を撃破した川原

 見渡せば球界で活躍する先輩たちばかり。それでも、川原も変わらぬ大歓声を浴びた。「驚きました。来年からは結果を出さないと、存在感がどんどんなくなっていくと思うので」。声援は新天地の関西で頑張る源になる。

 長崎・創成館出身。スタンドからは、甲子園で輝いた球児へエールが何度も送られた。この日はプロ野球選手としての“初仕事”。子どもたちとの楽しい時間を終えると、幼い頃の思い出を懐かしんだ。

 川原少年も、野球教室に参加したことがある。詳しいことは覚えていない。だが、キャッチボールの際に、阪神OBの城島氏から「フォームがきれいだね」と声をかけられたという。このうれしい瞬間は、川原の中で繊細に残っている。

 プロ野球選手になって戻ってきた野球教室。この日は広島のエース・大瀬良とも初対面を果たした。「オーラが違う」と目を輝かせたが、「話を聞いたりは緊張しすぎて無理でした」と頭をかいた。

 感じたのは、体の大きさや厚み…自分との違いばかりだった。だからこそ語気を強める。「長崎といったら、『川原陸』と言われるように。頑張っていきたい」。12日に18歳になったばかり。焦ることはない。ゆっくりと一歩ずつ、長崎に活躍を届けていく。

最終更新:2018/12/28(金) 8:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事