ここから本文です

激化するオンライン vs. リアル店舗のはざまでMicrosoftが生き残るためには

2018/12/28(金) 12:00配信

ITmedia PC USER

 毎年、年の瀬にMicrosoftとWindowsを振り返る本連載の恒例企画だが、2018年のPC業界はどうだったのだろうか。改めて2017年末に公開された記事を振り返ると、まず「2018年は世界的にPCの販売がプラス成長に転じる?」という見出しが躍っており、総論の「伝統的なPC時代の終わりとその次」の項で筆者の予想が行われている。

【写真】月額課金サービスの「Microsoft 365」。個人向けも提供される?

英Financial Timesの10月17日(英国時間)の報道によれば、2018年は久々にPCの販売がプラス成長に転じ、長かった暗黒時代を抜け出す兆候が見られるという。

Gartnerの調査報告にもあるように、2018年のPC業界は微増、2019年は停滞というサイクルを経て、2020年に市場は再び停滞あるいは縮小に向かうと筆者は考えている。理由は先項でも触れたが、PCは既に万人向けのデバイスではなくなりつつあり、安価に広くばらまく時代は終わりを迎えたからだ。

 実際、2018年はどうだったのだろうか。

 まだ2018年を通した年間調査報告は出ていないもが、すでに一部のデータからその傾向は判明している。例えば[米Gartnerが7月12日(米国時間)に発表した2018年第2四半期(4月~6月期)のPC出荷台数集計では、同四半期の世界でのPC出荷台数は6210万台で前年同期比1.4ポイントのアップ。

 同社によれば、PC出荷が上向いたのは過去6年間の調査で初のケースだという。特に興味深いのが米国内でのPC出荷台数で、同四半期の結果が1451万台と前年同期比1.7ポイント上昇というのはやはり6年ぶりだという。

 ここ最近の傾向として、先進国の落ち込みを途上国のPC出荷台数がカバーするという流れが強かったが、今回は米国が世界需要をリードしているという点で新しい。2017年のGartner予想で「Windows 10の本格展開にともなうPCのリプレイス需要」というものがあったが、実際に企業ベースでの需要増が数字になって表れた形だ。

 一方、Gartnerから10月10日に発表された第3四半期(7月~9月期)の最新報告では、世界のPC出荷台数は6721万台で、前年同期比0.1ポイントの伸び。米国での結果は1477万台で前年比0.4ポイントのマイナスと、縮小・停滞傾向が依然としてみられる。

 おそらく、PC市場縮小は既定路線であり、実際に企業を中心としたリプレイス需要はあるものの、市場全体を大きく引っ張る要因にはならないと予想する。その意味では、“伝統的”なPC市場は予想よりも早く縮小・停滞するのではないかとも考えられる。

1/4ページ

最終更新:2018/12/28(金) 12:00
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事