ここから本文です

【中山2歳未勝利】プレステッツァが2着に2秒差をつける大差勝ち!…伯父はヴィクトワールピサ

2018/12/28(金) 11:58配信

スポーツ報知

 12月28日の中山2R・2歳未勝利(ダート1800メートル、16頭立て)は、4番人気に推されたルーラーシップ産駒のプレステッツァ(牝2歳、美浦・矢野英一厩舎)が大差をつけて初勝利を挙げた。勝ち時計は1分55秒5。

 スタートダッシュを利かせてハナに立ち、道中は半馬身のリードで逃げると、直線ではグングンと後続を突き放して、2着のフラテルニテに2秒0差をつける大差で圧勝した。

 芝マイルの初戦9着からダート替わりで一変。騎乗したクリスチャン・デムーロ騎手は「すごくゲートの出が良くて、いいポジションを維持できた。最後までしっかり脚を使ってくれました」と振り返った。

 同馬は父ルーラーシップ、母アスタラビクトリア(父ネオユニヴァース)という血統。母の全兄に2010年皐月賞、有馬記念、11年ドバイ・ワールドカップと国内外でG1・3勝を挙げたヴィクトワールピサがいる。

最終更新:1/21(月) 19:20
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事