ここから本文です

おばさん×パペットのバディムービー公開、「セサミストリート」のスタジオが製作

2018/12/28(金) 19:00配信

映画ナタリー

「セサミストリート」のジム・ヘンソンカンパニーが製作した「The Happytime Murders」が「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」の邦題で2月22日に公開される。

【動画】「パペット大騒査線 追憶の紫影」予告編(メディアギャラリー他1件)

本作は人間とパペットが共存する世界を舞台とするバディアクションコメディ。ある人質事件でロス市警を罷免され私立探偵になったパペットのフィル・フィリップが、アダルトショップで起きたパペット殺害事件を解明するため、元相棒のおばさん刑事コニーとともに動き出す。リブート版「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシーがコニー役で出演。「セサミストリート」のエルモなどを操ってきた操作師ビル・バレッタがフィルの動きと声を担当し、同番組のキャラクターを作り上げたパペット・クリエイター、ジム・ヘンソンの息子であるブライアン・ヘンソンが監督を務めた。

予告編には、銃口を向けられたウサギのパペットが「子供が48匹いるんだ」と命乞いするさまや、「これはパペットだけを狙った連続殺人事件です」と断定するフィルにコニーが「殺“じん”?」と疑問を投げかける様子が切り取られた。なお、予告編のナレーションは古谷徹が担当している。

「パペット大騒査線 追憶の紫影」は東京・シネクイントほか全国でロードショー。

(c)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:2018/12/28(金) 19:00
映画ナタリー

あなたにおすすめの記事