ここから本文です

小平奈緒「自分を成長させる」

2018/12/28(金) 18:19配信

共同通信

 スピードスケートの全日本スプリント選手権は29、30日に北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われる。28日は出場選手が会場で最終調整し、平昌冬季五輪500メートル女王の小平奈緒(相沢病院)は「挑戦すべき相手は自分自身。自分を成長させることが一番大事」と心構えを語った。

 2日間で500メートルと1000メートルを2度ずつ滑り総合成績を争う。1000メートルの世界記録保持者でもある小平は「4本でしっかり動きをまとめたい」と6度目の総合制覇へ自信をにじませた。26日までの全日本選手権から連戦となる高木美帆(日体大助手)はスタートの動きなどを確認した。

最終更新:2018/12/28(金) 18:38
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事