ここから本文です

寒波の中でもキャラ愛を貫くコスプレイヤー 真冬のコミケの防寒事情とは?

2018/12/28(金) 8:40配信

オリコン

 年末のビッグイベント、コミケ。キャラクターの衣装を着用するコスプレは、屋外でも薄い布地の衣装で肌の露出に耐えなければならない場合がほとんどで、昨年の『コミックマーケット93』でも、コートを着込んだ来場者とはまるで別世界にいるような薄手の衣装に身を包んだレイヤーたちの姿が見られた。防寒対策バッチリな服装であることは皆無とも言えるが、たくさんのカメラの前に立つ以上、こわばった表情で鳥肌を立てるわけにもいかない。今年は大寒波が直撃するとの予報される中、過酷な状況でコスプレに挑むレイヤーたちと、昨年話題になった1200デニールタイツを販売しているアルモワの佐藤勝美さんに話を聞いた。

【写真1000枚】コミケ開幕直前! 冬とは真逆の「夏コミ」大胆コスプレ美女一挙公開

■一番の防寒方法は「気合」と「我慢」⁉ 足元の保温説くレイヤーが多数

 ガールズグループの純情のアフィリアの一員でコスプレイヤーとしても活躍するクレアさん・ルイズさん、人気レイヤー・んねさか亜里沙さんの3人に防寒について話を聞いてみると、全員に共通していたのが「足元を温めるといい」との回答。
 カイロを貼る、靴の裏側にボアを仕込む、靴下を裏起毛のものにするなど、靴やブーツなどで確実に隠れる足元に、しっかり防寒対策をしているよう。

 「“首”を温めるといいと聞くので、特に足首を温めるようにしています。なのでカイロを足首に仕込むことが多いですね。足首にカイロがあるのとないのでは、実感としても結構違います」(クレアさん)
 「一番の防寒方法は気合です(笑)。とはいえ、私は男装も多いので、パンツスタイルの時はタイツを重ねるなど、できる限り足元を温めています」(ルイズさん)
 「真冬のコミケは死を覚悟するほど過酷な寒さですが、キャラクターになりきるためには我慢しかないです! とはいえ、カメラの前でガタガタ震えるわけにもいかないので、衣装の中でどれだけ足元を温められるかなっていうのは考えています」(んねさかさん)

 そのほかの努力を聞いてみると、以下のような返答も。
 「ジャケットやストールを身に着けているキャラがいるので、首元にあたる部分や裏地の見えない部分をフリース素材に付け替えるなど、衣装を冬仕様に変更することもあります」(ルイズさん)
 「私も、もこもこの腹巻をしていることは多いですね。冬場はお腹が隠れている衣装が多いので、見えない部分は。でもあんまり着こみすぎて太く見えないようにする努力も行っています」(クレアさん)
 「私が気を付けているのは、休憩中に上着を着たりしないことです。一度温まっちゃうと休憩後がつらいので……事前準備と気合で乗り切ります!」(ルイズさん)

1/2ページ

最終更新:2018/12/28(金) 8:40
オリコン

あなたにおすすめの記事