ここから本文です

伊勢市のPR動画が人気 ユーチューブで今夏配信 海外誘客へ名所や食紹介 三重

2018/12/28(金) 11:00配信

伊勢新聞

 【伊勢】三重県伊勢市は、動画投稿サイト「ユーチューブ」に今夏配信した観光PR動画の視聴率が56%だったと発表した。平成28年の伊勢志摩サミットの開催に合わせて配信したPR動画の視聴率(29%)を大きく更新。配信期間中は、市観光協会の英語ホームページのアクセスが約24倍になり、市は海外向けに知名度を向上させられたと分析している。

 動画は「The blessings of Ise(伊勢の恵み)」。約70秒の動画で、市が海外誘客事業で重視する米国西海岸地域(ロサンゼルス、サンフランシスコ、シリコンバレー地区)や英国ロンドン、東京、伊勢市内に7月12―18日と8月7―20日に配信した。

 日本に20年以上在住する奈良市のクリエイター、アンドリュー・トーマス氏が製作した。トーマス氏は5、6月、市内の観光名所を見て回った。動画では伊勢神宮を中心に夫婦岩やおはらい町、伊勢うどんなど、市の名所や食文化、自然を紹介している。

 動画を30秒以上視聴すると「見た」と解釈する仕組みで、期間中に約653万回表示され、363万回(56%)の視聴があった。2年前の動画配信時は約40日配信し、29%。市は視聴率の大幅な伸びについて「前回は英国だけだったが、今回は米国や国内向けにも配信するなど対象地域を拡大したため」と分析している。

 特に視聴率が高かったのは米ロサンゼルスで60%。動画を最後まで見た人は42%だった。市の担当者は「年度内に海外でPR事業をするので、この動画を現地で流したい」と話している。動画は現在も市のホームページなどで再生できる。

伊勢新聞

最終更新:2018/12/28(金) 11:00
伊勢新聞

あなたにおすすめの記事