ここから本文です

「電王ナイト」に関俊彦・遊佐浩二ら、参上! 「仮面ライダー電王」への出演は「神様からのご褒美」

2018/12/28(金) 10:00配信

超!アニメディア

 大ヒット公開中の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。「仮面ライダージオウ」・「仮面ライダービルド」を中心とした展開でありながらも、「仮面ライダークウガ」をはじめとする歴代20シリーズの“平成仮面ライダー”すべてが集結する点でも話題を呼んでいる。なかでも、本作でジオウ・ビルドと共に重要な役割を担うのが「仮面ライダー電王」だ。その「仮面ライダー電王」にフィーチャーしたイベント「電王ナイト」が2018年12月27日(木)に新宿バルト9にて開催された。登壇者はモモタロス役・関俊彦、ウラタロス役・遊佐浩二、仮面ライダー電王のテレビシリーズメインライターの小林靖子、本映画および「電王」の番組プロデューサーである白倉伸一郎・武部直美。

 イベントがスタートすると登壇者が一言ずつ挨拶。その後の質疑応答で、久しぶりの「電王」のイベントに立った心境を聞かれた関は、放送当時からイベントをたくさんやってきてファンの方々と触れ合う機会も多かったと振り返る。その後、「表情には出さないけどみんな心のなかが熱い!と感じる」と率直な感想を吐露。また、リアルタイムでは観ておらず、後になってから「電王」観た方が会場にもいると知り、「まだまだ電王は走り続けると思います」と早速ファンには嬉しい言葉を残した。

 関の言葉を受けて遊佐は「こうやってプレッシャーをかけていないと。10周年のときに何もしなかったから(笑)」と冗談まじりではあったが賛同。続けて「(電王が)終わった気がしていない。1年に1回はゲームなど何かしらで関わっている」、「スタッフさんも相変わらずでアットホームな感じ」と、11年経ったいまでも変わらないよさがあることについて触れた。対して「電王」のイベントに出演するのが初という小林は、久しぶりな感じがしたとコメント。それでも、映画で「電王」が登場するシーンの監修をしてみたら、セリフがスラスラとそのまま出てきたと、当時の記憶が蘇ってきたことを感慨深げに話した。

 トークはその後、「仮面ライダー」のアフレコに関してへと移行。事前にシナリオをもらってアフレコするものの、書かれていないシーンが多々あると遊佐がコメントすると、関は、撮影が終わって出来上がってくると台本と違う展開になっていると続ける。その言葉を受けた白倉プロデューサーは、今回の映画は「仮面ライダークウガ」、「仮面ライダー響鬼」を除く平成仮面ライダー全ての主役ライダーのスーツアクターを担当する高岩成二から「小倉さんをリュウタロスに入れてくれ」という謎の条件がきた、それでモモタロスとリュウタロスで台本にないことをやろうとしているなと察した、と裏話を披露。その結果、台本にない展開になったという。その他、デンライナーのオーナー役である石丸謙二郎のステッキさばきもアドリブというエピソードを登壇者たちが楽しそうにトークしていた。

 続いては、「電王」が映画の重要なシーンで登場するに至った経緯についてプロデューサー陣へ質問が寄せられる。白倉プロデューサーは現在放送中の「ジオウ」も「電王」も時間移動に関係するなかで、ただ登場するだけでは吸収しきれないのでは、という経緯で話が進んでいったとコメント。また、武部プロデューサーは10周年のときに何もできなかったというのもある、という待ってくださっていた皆さんへの感謝の想いを込めての登場だったと言葉にした。

 続けて小林は、映画の監修をするオファーがきたときは、佐藤健が出演し、何をやるのかというのかは聞いていたと今回のサプライズ出演について触れる。また、佐藤からは夢を壊されないためにさまざまな提案があったというエピソードも披露した。遊佐も佐藤の想いに同調して、当時から良太郎(「電王」の主人公)が成長したということが分かるようよう芝居を少し変えたと語った。10年経ったいま、どのように出演すればいいかというのを本人たちが真剣に考えていたことが分かるエピソード。今日の登壇者はもちろん、「電王」に関わった人すべてが「仮面ライダー」への情熱が全く冷めていないということが分かり、聞いている側も胸が熱くなった。

1/2ページ

最終更新:2018/12/28(金) 10:00
超!アニメディア

あなたにおすすめの記事