ここから本文です

柴崎岳 現役引退の小笠原満男は「僕のアイドルだった」アジアカップへの決意を語る

2018/12/28(金) 14:32配信

テレビ東京スポーツ

27日、サッカー日本代表が来月5日(水)に開幕するAFCアジアカップUAE2019<2019年1月5日~2月1日・アラブ首長国連邦>に向けた国内合宿2日目の練習を行い汗を流した。

【動画】2002年W杯 日本代表監督トルシエが見る 現在の日本代表

この日合流したMF・柴崎岳(ヘタフェCF)が練習後に取材に応じ「(前回大会は)チームとしても優勝を目指していましたしベスト8で負けるのは想像していなかった。気を引き締めて前回大会の経年を生かしながら頑張りたい」と意気込みを語った。

元日本代表でチームメイトでもあった小笠原満男(鹿島アントラーズ)が今季限りで現役を引退することについて問われると「驚きましたね。もう少しやるかなと個人的には思っていましたし、僕も小笠原選手にお世話になった後輩の一人ですし、後で連絡したいと思います。小笠原選手にお疲れ様でしたと言いたいです」と話して当時を振り返った。

Q.アジアカップに向けてコンディションについて

試合に出ていた方がいろんなリズムが掴みやすいが、僕も試合に出るために準備はしている。使う使わないは監督が決めること。自分がやることは変わらない。監督が出場させるという決断をするのであれば期待に応えれるようにプレーしたい。

Q.前回ベスト8を振り返って

チームとしても優勝を目指していましたしベスト8で負けるのは想像していなかった。強豪国がアジアの中でもたくさんいますし、難しい試合にさせられる国もたくさんあるので、気を引き締めて前回大会の経年を生かしながら頑張りたい。

Q.アジアの戦いの難しさは

特別難しいという意識はないんですけど、どこと叩くにしても細心の注意を払いながら自分たちのパフォーマンスを出せるようにしたいです。

Q.前回を経験している柴崎選手自身の役割について

個人的には試合の流れや空気感をピッチレベルで感じながら現場の中で対応していきながらそれに見合ったプレーで方向性を示していければいい。先輩たちもいますし、言葉で伝えられる部分はたくさんあると思いますが、現場での対応力が求められると思いますので自身の経験からしっかりとプレーに生かしたい。

Q.目標は?

優勝しかないと思いますし、その自信も決意もあるのでそれをピッチで示すだけだと思います。

1/2ページ

最終更新:2018/12/28(金) 14:36
テレビ東京スポーツ

あなたにおすすめの記事