ここから本文です

英語・中国語版ごみ出し資料作成 北上市 ネットでも公開【岩手】

2018/12/28(金) 10:07配信

岩手日日新聞社

 北上市は市内在住の外国人が年々増加する現状に対応し、集積所へのごみの出し方をまとめた資料を英語版と中国語版で作成した。配布に加え、インターネットでも公開。適正なごみ出しと、外国人を雇用している企業と集積所を管理する住民の負担軽減につなげる。

 資料はA3判に両面印刷。分別の方法と集積所の利用ルールを紹介しており、裏面には日本語版も付けた。市民課の各窓口で配布し、住民登録時にも渡す。ほかに環境政策課(市役所江釣子庁舎)や市国際交流ルーム(おでんせプラザぐろーぶ)に常備し、両言語版サイトがある市のホームページからダウンロードもできる。

 市内に両言語圏の出身者が多い現状を受け、手始めに作成を決めた。市国際交流協会に翻訳を委託し、ネイティブ話者が表記の正確性とレイアウトをチェック。試行配布を経て完成し、26日から配布を始めた。

 これまでの両言語対応の解説資料はごみ出しのルール変更を反映しておらず、企業や住民から改善を求める声があった。適正なごみ出しを求める市議会からの提言もあり、2018年度の市の重要課題にも挙がっていた。

 今後は増加が見込まれるベトナム語版や、リサイクル、処理の状況を紹介することで適正なごみ出しの意義を周知する新しい資料の作成も検討している。

 市によると、住民登録をした外国人は11月末時点で624人。人手不足を受けて毎年増えているという。後藤裕紀市環境政策課長は「外国の方の生活を支援するツール。生活を少しでも快適なものにしてほしい」と利用を呼び掛けている。

 問い合わせは同課=0197(72)8284=へ。

最終更新:2018/12/28(金) 10:07
岩手日日新聞社

あなたにおすすめの記事