ここから本文です

寒っ! 岡山市で初雪観測 新見・千屋は積雪13センチ

2018/12/28(金) 12:50配信

山陽新聞デジタル

 岡山県内は28日、強い冬型の気圧配置の影響で、北部の山沿いで雪が降り積もり、所によって昼までに10センチを超えた。岡山市中心部では昨季より17日遅い初雪が観測された。

チェーン義務化に歓迎と戸惑い

 岡山地方気象台によると、山沿いでは27日夜から断続的に雪が降った。28日正午現在、新見市千屋で13センチ、真庭市上長田で11センチの積雪を観測し、新見、真庭、津山市など8市町村に大雪注意報を発令している。

 新見市千屋地区では28日朝、国道180号などに除雪車が出動したほか、市民らが雪かきに追われた。千屋郵便局の松田隆司局長(56)は「今季初めての本格的な積雪。ついに来たな、という感じ」と話した。

 同気象台は29日正午までの24時間降雪量を北部で最大30センチ、南部で最大5センチと予測。冬型の気圧配置は29日をピークに30日ごろまで続くとみられる。

最終更新:2018/12/28(金) 12:50
山陽新聞デジタル

あなたにおすすめの記事