ここから本文です

ソフトバンク来季は“時価”チケット AIがデータ分析

2018/12/28(金) 11:51配信

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクが来年、本拠地ヤフオクドーム開催のレギュラーシーズン全64試合のチケットで、人工知能(AI)を活用し、売れ行きなど需給状況によって価格を変動させる「ダイナミックプライシング(DP)」を採用することが分かった。1試合当たり1000~1500枚程度のDPチケットを販売する見込み。詳細な枚数は現在調整中で、さらに増える可能性もある。

【写真特集】こじるりも登場 ノーバンに挑戦!美女たちの始球式

 DPチケットは、AIが過去の販売実績、チームの順位や対戦カード、試合日程などのデータを分析。需要に応じて、入場者数と売上高が最大になるように価格を設定する仕組み。人気のある試合や席は価格を上げ、逆なら下げる。1席の価格が日に数回変動するケースもあるという。

 DPのシステムサービスを提供するダイナミックプラス(東京)の平田英人社長は「来場者は定価よりもお得にチケットを入手できる場合がある一方、球団は空席減が期待できる。人気の高い席ではチケットの高額転売の抑止にもつながる」と説明する。

 DPチケットはスポーツやコンサートなどの興行で導入が進んでいる。福岡ソフトバンクは2016年から試験的に採用。今年のレギュラーシーズンでは計32試合で1試合100枚を販売した。同年のクライマックスシリーズでは、インターネット上で各座席からの眺めを疑似体験しながら購入座席を選べる新サービスも導入。DP対象の席種と席数を大幅に増やした。

 球団は「来季は試合によっては全席DPチケットでの販売も検討している。新たな売り方を来場者の皆さんに提案していきたい」(広報室)としている。

◆人工知能(AI)

 人間のさまざまな知的活動をまねるコンピューターのプログラム。言葉や音声の理解、画像の特徴把握、蓄積した情報を基に新たな分析や使えそうな知識を見つけ出すことなど幅広い研究分野がある。情報収集するセンサーや、膨大なデータを短時間で読み込むコンピューターなどの技術革新を背景に近年飛躍的に発展している。自動運転やロボット、医療、金融まで応用範囲は多岐にわたる。

西日本スポーツ

最終更新:2018/12/28(金) 11:51
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事