ここから本文です

バス運転手「てんかん」で意識喪失か、紀勢自動車道の事故 三重・紀北町

2018/12/28(金) 19:09配信

中京テレビNEWS

 先月15日、三重県の紀勢自動車道でバスの運転手が意識を失い、トンネルの壁に接触した事故で、運転手を検診した結果「焦点性てんかんの疑い」と診断されていたことがわかりました。

 国土交通省によると、観光バスを運行する会社から提出された報告書に診断結果が報告されていたということで、警察も運転手がてんかんの発作で意識を失った可能性があるとみて、道路交通法違反の容疑を視野に捜査を進めています。

中京テレビNEWS

最終更新:2018/12/28(金) 19:09
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事