ここから本文です

柳田「マジで奇跡」 タカ戦士らの迷言!?で振り返る2018年

2018/12/28(金) 12:13配信

西日本スポーツ

 名言!? 迷言!? でプレーバック! リーグVこそ逃したものの、球団史上初の「下克上」で2年連続の日本一に輝いた今季の工藤ホークス。故障者の続出もありシーズン前半から夏場までは苦しみながら、短期決戦で本来の輝きを取り戻して頂点に立ちました。その中でタカ戦士、指揮官らの心から発されたコメントで、2018年を振り返ります。

【写真特集】クールにキメてるタカ戦士 ベストドレッサーは?

 ▼達川ヘッドコーチ=2・21春季キャンプ

 「王、長嶋みたいじゃ」

 (ランチ特守を行う内川と松田宣を見守り)

 ▼柳田=4・21日本ハム戦

 「マジで奇跡」

 (史上65人目のサイクル安打を達成して)

 ▼内川=5・6オリックス戦

 「つくづく、残念な男だと思います」

 (大型連休中の本拠地で2000安打達成を逃し)

 ▼王会長=5・30に再婚したことを6・1に発表

 「何回か(区役所に)行ったんだけど書類不備だと言われてね。それで何回も行って、30日も『まだ駄目かな』と思っていたら『何とか受理できそうです』ということで…」

 ▼市川=6・13巨人戦

 「人生で一番飛んだ打球。バッティング練習でしか打ったことがない」

 (古巣との対戦で逆転2ランを放って)

 ▼後藤球団社長兼オーナー代行=7・11オーナー会議

 「三笠(球団統括本部長)以下、昨日も厳しく指導しました」

 (鷹の祭典で惨敗が続くなど前半戦の不振に)

 ▼上林=10・7ロッテ戦

 「弟のLINE(ライン)がプレッシャーになった」

 (歴代4位タイのシーズン14三塁打をマーク。その前に弟から記録を期待するラインが届いていた)

 ▼柳田=10・26広島での日本シリーズ開幕前日

 「(旧)広島市民球場では小、中、高で5割は打ってます」

 (広島の旧本拠地での驚異的な打率を明かす)

 ▼内川=10・31日本シリーズ第4戦、広島戦

 「うらやましい。誠知(上林)は味方だからいいけど、誠也(鈴木・広島)はそこまで打つかって複雑な心境…」

 (自主トレをともにする“まな弟子”2人が活躍)

 ▼達川ヘッドコーチ=11・4今季限りでの退団が発表され

 「任期満了じゃ」

 ▼森=11・17秋季キャンプ最終日

 「キャンプは家に帰るまでがキャンプです」

 (手締めのあいさつで)

 ▼城所=11・30引退会見

 「本当に『待機』ばかりしてたけど、皆さんのおかげで15年できました」

 ▼柳田=12・23小倉競馬場でのトークショー

 「見えてますよ~。(自分が)ブラストワンピースになることが」

 (本多内野守備走塁コーチに盗塁数増を求められた後、来季の自身を有馬記念V馬に例え)

 ▼今宮=12・26契約更改交渉

 「びっくりしました。ありえないですよね、普通」

 (故障もあって苦しんだシーズンを終えた後の大型4年契約に)

西日本スポーツ

最終更新:2018/12/28(金) 12:13
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事