ここから本文です

ポジショニングとルックアップ。そして「止める」大切さをあらためて感じました【中村憲剛が語るイニエスタ】

2018/12/28(金) 17:11配信

GOAL

立ち位置がやっぱりすごくいい

今季の明治安田生命Jリーグにおける大きなトピックの一つは、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸への加入だろう。DAZNでは、『イニエスタ2018レビュー』と称し、イニエスタと実際に対戦した選手そしてサッカー解説者戸田和幸氏がそのプレーを解説する番組を配信中。Goalでは今回、「Jリーガーが語るイニエスタ」をテーマに、同番組で収録した選手インタビューをお届けする。第3回は川崎フロンターレの中村憲剛選手だ。

【動画】J最優秀ゴールは大島僚太に決定!王者・川崎Fが披露した魅惑のパスワークから

――10月20日の第30節、等々力で対戦されました。印象は?

みんなボールを持ってからのプレーに注目すると思うんですけど、個人的にはプレーをしていない時のポジショニング、立ち位置がやっぱりすごくいいと思います。

僕は神戸戦にボランチで出ていたんですが、自分が行けそうで行けない、サイドの選手が絞ろうと思っても絞り切れない、そういうポジションでずっとプレーしていました。「これは嫌らしいなあ」と。基本的には相手の近くにいる選手じゃない、かといってズルズル下がっているわけでもなく。バルサは相手の三角形の重心にポジションを取ることを基本的にやっているチームなので、それが染み付いているんですね。間に立たれるので、僕らも球際につくために近寄らないといけない。すると今度は別のところが空いてきたり。かといってイニエスタ選手を空け過ぎてボールが入ればフリーでプレーされてしまう。

シャビ、ブスケツ、イニエスタは僕がバルサを見て勉強してきた「ポジショニング」の究極にいる選手たちで、自分はそれを意識してずっとやってきました。実際にイニエスタ選手とやって、つき過ぎると周りが空くし、行かないとフリーでやられるし、どうすればいいんだ? とあらためて思いました。

結局、フロンターレは前半と後半でやり方を変えましたが…。前半はタイトに行かなきゃと行ったらダイレクトで逃げるんです。(イニエスタは)ちゃんとフリーなポジションを取って、ボールが来たときにフリーで仕事ができるのならやる、(敵が)いればまた戻す。その連続でずっと相手を見ながら相手を動かしながらやっていた。まあ「うざったかった」ですね。使っていい表現かわかりませんが、イヤだなっていう。

――特に印象的なシーンは?

最終ラインから(ボールを)引き出そうとして、ボールとセンターバックの正面に入って行きました。「これは取れるかな?」と思ったんですが、あっさり逃げられるというか右足のワンタッチで届かないところに持っていかれて、前を向かれてしまって。そのあと右にボールを出されました。彼はボールを受ける前にどこに逃げればいいか分かっていたと思います。

寄せようと思ってもヘッドダウンしていないんです。しっかりボールを止めた状態でいろんなところを探しているので、寄せられないんですよ。「もっと寄せないといけない」とオニさん(鬼木監督)にミーティングでは言われていたんですけどね。でも、あれだけ顔が上がっていると、いろんなところに出せるからコースが読めない。

今思えばもっと関係なく行くべきだったかもしれません。でも、スピードが速く上がりそうな状態で、これだけルックアップしている選手って、Jリーグにいない。ちょっと下を見ちゃったり下を向いて横を見たりするんです。でも、彼はこの間ずっと上…というかいろいろなところを見ているので、難しかったですね。

1/2ページ

最終更新:2018/12/28(金) 17:11
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事