ここから本文です

ソフトバンク武田「迷惑かけた」大トリ契約更改で500万円減の8500万円

2018/12/28(金) 15:14配信

西日本スポーツ

 ソフトバンクの武田翔太投手(25)が28日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、年俸9000万円から500万円ダウンの8500万円プラス出来高でサインした。(金額は推定)

【写真】クールな右腕、武田がほえた!

 7年目の今季は登板ごとの波が激しく、チーム最多の3完封をマークしながら4勝に終わり、自己ワーストの9敗と防御率4・48。一方で2軍での投球フォーム改造を経て終盤戦では中継ぎで活躍し、ポストシーズンではリーグ2位からの日本一に貢献した。

 契約更改後の会見で「微減です」と明かした武田は「(レギュラー)シーズン中は成績的にも迷惑をかけてしまった。CS、日本シリーズの評価をしていただいた」と説明。「僕の中では勉強の一年。今年の不調がなけければ新たな自分になれないと思ってやっていく」と先発で雪辱を期す来季を見据えた。

 ソフトバンクはこれで日本人選手全員が契約更改を終えた。

西日本スポーツ

最終更新:2018/12/28(金) 16:44
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事