ここから本文です

一番よく絞れるのはコレ!ぞうきんの絞り方…正解は?

2018/12/28(金) 18:45配信

All About

◆掃除の基本中の基本が間違っている⁉ 雑巾の正しい絞り方の正解は

まずは、自分の雑巾の絞り方をチェックしてみましょう。身近にあるタオルなどを絞ってみてください。あなたの雑巾の絞り方は、下の3つ「縦絞り」「横絞り」「握り絞り」のうち、どのタイプですか?

雑巾のみならず、タオルやふきんなど暮らしの中で幾度となくやっているはずの「絞る」行為。正しく絞れる人はおよそ4割で、あとの6割は誤った絞り方をしているそうです。何をかくそう私もずーっとダメ子さんで、数年前に指摘されるまで間違っているとは思っていませんでした。“教えてくれてありがとう!”です。

また、小学校の掃除の時間に生まれて初めて雑巾を絞るお子さんが多いそうで、掃除の基本がいかに疎かになっているかがわかります。皆さん、そしてお子さんやお孫さんは大丈夫ですか?

◆雑巾の正しい絞り方 正解はコレ!

雑巾の正しい絞り方は縦絞りです。縦絞りは順手と逆手(※)でねじるため無理なくきっちり力が入り、脇をしめながら押し出すように手首を回転させるので、手首だけではなく腕の力も加わり、強く絞り込むことができます。

横絞りは、順手と順手なので力が入りませんし、手首の回転のみでねじるため、十分に絞ることができません。

握り絞りは押し付けているだけなので、あまり効果がなく水滴ボタボタ状態です。

多くの方が横絞りをしており、それが当たり前だと思っていますが、縦絞りと比べてみると絞り具合に差がでます。子供は握り絞りが多いので、正しい絞り方を教えてあげないと、部屋中ビショビショになってしまうでしょう。

※順手と逆手=鉄棒などで手の甲を手前にして握る握り方が「順手」。反対に、手の平を手前に向けて握る握り方が「逆手」。

◆雑巾の縦絞りの正しいやり方

雑巾を縦にして、右手を上(逆手)、左手を下(順手)に持ちます。剣道の竹刀やゴルフクラブを持つような感じですね。


脇をしめて手首を内側に絞り込むようにすると(向こうに押すような感じ)、無理なく力が入ってきっちりと絞れます。反対に引くように絞るのはNGです。

◆拭き掃除のやり方

【拭き掃除の手順とコツ】
・壁などは高い所から低い所へむかって拭き進めます
・床や畳は奥から手前へ、後ろに下がりながら拭き進めます
・畳は目にそって拭きましょう
・雑巾は手の平と同じぐらいの大きさにたたんで使うのが、最も使い勝手がいいです

【水拭き? 乾拭き?】
・畳の縁は水拭きすると傷むので、乾拭きします
・敷居も水拭きすると滑りが悪くなるので、乾拭きです
・繊細な木材も水拭きすると傷むので、木目にそって乾拭きします
・それ以外のところは、固く絞った濡れ雑巾で水拭きを。乾拭きで仕上げるとさらに良いでしょう

年末の大掃除もがんばってくださいね!

三浦 康子(暮らしの歳時記ガイド)

最終更新:2018/12/28(金) 18:45
All About

あなたにおすすめの記事