ここから本文です

鴬谷優勝、東海切符 県高校室内ソフトテニス

2018/12/28(金) 8:24配信

岐阜新聞Web

 ソフトテニスの岐阜県高校室内大会兼東海高校選抜県予選は27日までに、東美濃ふれあいセンターで女子の団体と個人を行い、団体は今夏の全国総体3位の鴬谷が優勝した。準優勝の岐阜総合とともに、全国選抜につながる東海選抜(来年1月19、20日・愛知県豊橋市)への出場を決めた。

 団体は8校が2組に分かれて予選リーグを行い、各組上位2校の計4校が決勝リーグ(予選の同組の結果は持ち越し)で覇を競った。鴬谷は多治見西戦のみ2―1で競り勝ったが、残る4試合は3―0の完勝だった。

 個人は河村笑花、永田玲奈組(鴬谷)が優勝。決勝では、準決勝で県新人優勝の桐山茉衣子、木下真歩組(同)に競り勝った大林里緒、橋本涼奈組(多治見西)に4―2で勝った。河村、永田組は、来夏のハイスクールジャパンカップの出場権を獲得、上位8組は東海選抜に出場する。

 団体のみが行われる全国選抜(来年3月28~30日・名古屋市)は、東海の上位4校が出場する。

岐阜新聞社

最終更新:2018/12/28(金) 8:24
岐阜新聞Web

あなたにおすすめの記事