ここから本文です

静岡・高松中生、タクシー彩る 音楽イメージ、心躍るデザイン

2018/12/29(土) 8:14配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市立高松中(同市駿河区)の生徒が音楽をイメージしてデザインした「ラッピングタクシー」が、このほど完成した。2019年12月まで1年間にわたって市内を走り、音楽イベントのPRにも活用される予定。

 同校学区内に本社を置く静鉄タクシーの協力で実現し、全校生徒の応募作品58点の中から採用するデザインを選抜した。このうち車体のボディー部分は、ピアノの鍵盤やカラフルな音符を配して心躍るような音楽を表現した2年の池谷愛果さん(13)のデザインを採用。かわいらしいドラゴンがラッパを演奏する様子をあしらったシートカバーは、2年の塩沢芽依さん(14)がデザインした。

 同校は吹奏楽部が校外で演奏会を行うなど、地域の音楽文化の発展に力を入れている。静鉄タクシーはこの活動を以前から支援してきたことから、ラッピングタクシーも協力したという。

静岡新聞社

あなたにおすすめの記事