ここから本文です

切り絵師による“今年一番の大作”がすごすぎる 1枚の切り絵で表現されたタコに圧倒される「神業」「美しい」

2018/12/29(土) 16:30配信

ねとらぼ

 リアルさと美しさに満ちたタコの切り絵が「神業」「すごすぎる」とTwitterで話題になっています。

【画像】手の上に乗せてみた

 紙を重ねることなく1枚の切り絵で表現されたタコは、滑らかに動き出しそうな躍動感がありながら、細かい部分までデザインが施された作品で、繊細かつ迫力も圧倒的。また、奥行き等の陰影をカッティングだけで生み出す手法が使われており、触れそうな生々しい立体感に驚かされます。ひたすらにすごい……。

 作者は、以前にオウムガイの切り絵が話題になるなど、注目を集める切り絵創作家の切り剣(福田理代/@kiriken16)さん。今回の作品は、タコの古い呼び方で、海のクモという意味の「海蛸子(かいしょうし)」というタイトルがつけられており、現在持っている技術を出し切って作った「今年一番の大作です」と投稿しています。

 切り絵を手で持つ写真でも分かるように、かなり大きめの作品で、切り剣さんも最初は気が遠くなりそうになりながら、完成したときは達成感があったようです。なお、制作期間は2カ月とのこと。

 コメントでは「人間業とは思えん」「美しい」と感動する声が多く寄せられ、10万を超えるいいねが集まる人気に。また「すごい世界」「言葉が見つからない」と切り絵の可能性に驚く声も上がるなど、さまざまな反響を呼んでいます。

 切り剣さんは2019年4月24日~30日まで、同じく切り絵作家のJunさんとの展示「光と彩り/線と密度」をミライエギャラリー(大阪市)にて開催予定。詳細が気になる人は、今後の切り剣さんのツイートや、制作日記等を公開しているサイトをチェックしましょう。

画像提供:切り剣(@kiriken16)さん

ねとらぼ

最終更新:2018/12/29(土) 16:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事