ここから本文です

第18回AAF戯曲賞の公開審査会、ワークショップ&トーク企画も

2018/12/29(土) 13:54配信

ステージナタリー

第18回AAF戯曲賞の公開審査会が、1月6日に愛知・愛知県芸術劇場 小ホールにて実施される。

【写真】第18回AAF戯曲賞 公開審査会チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

愛知・愛知県芸術劇場が主催するAAF戯曲賞は、「戯曲とは何か?」をテーマに、上演を前提とした戯曲を募集する戯曲賞。18回目の今回は山内晶「朽ちた蔓延る」、我妻直弥「すごい機械」、南山高校女子部演劇部・渡辺鈴「by us」、フルカワトシマサ「ヤクタタズ!」、佐々木治己「ワッツィ 人民は敵」の5作品がノミネートされた。篠田千明、鳴海康平、羊屋白玉、三浦基、やなぎみわが審査を務める最終審査会は、無料で観覧でき、同劇場のYouTubeチャンネルで生中継される予定。そして大賞受賞作は19年以降に同劇場 小ホールで上演される。

また審査会の関連企画として、1月5日には篠田がナビゲーターを務める「戯曲を読むワーク1」、羊屋と前田愛実がナビゲーターを務める「戯曲を読むワーク2」、ゲストにTPAMディレクターの丸岡ひろみを迎える「トーク1 戯曲とは何か?―リサーチから生まれる言葉とは―」を開催。さらに1月6日には鳴海、捩子ぴじん、佐々木敦ほかがゲスト出演する「トーク2 戯曲とは何か?―戯曲と上演のアーカイブ―」、やなぎが登壇するロビートークが実施される。

■ 第18回AAF戯曲賞 公開審査会
2019年1月6日(日)15:00~
愛知県 愛知県芸術劇場 小ホール

審査員:篠田千明、鳴海康平、羊屋白玉、三浦基、やなぎみわ

□ 関連企画
2019年1月5日(土)
14:00~16:00「戯曲を読むワーク1」
ナビゲーター:篠田千明

18:00~19:30「戯曲を読むワーク2」
ナビゲーター:羊屋白玉、前田愛実

19:30~21:00「トーク1 戯曲とは何か?―リサーチから生まれる言葉とは―」
ゲスト:丸岡ひろみ

2019年1月6日(日)
13:00~14:20「トーク2 戯曲とは何か?―戯曲と上演のアーカイブ―」
ゲスト:鳴海康平、捩子ぴじん、佐々木敦 ほか

14:30~14:50「ロビートーク with やなぎみわ」

最終更新:2018/12/29(土) 13:54
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事