ここから本文です

関ジャニ∞から「赤という色がなくなってしまった」 紅白歌合戦リハで村上が渋谷すばる脱退に触れる

2018/12/29(土) 22:46配信

ねとらぼ

 関ジャニ∞が12月29日にNHKホール(東京都渋谷区)で行われた「第69回NHK紅白歌合戦」音合わせに参加。「ここに」を披露したほか、4月に脱退を発表した渋谷すばるさんへの思いを語りました。

【画像:紅白リハ会見で笑顔を見せる櫻井翔さん】

 横山裕さんはファー付きのモッズコート、丸山隆平さんはグレーのスーツにネクタイ姿、大倉忠義さんは大きめの胸ポケットが印象的なシャツ、錦戸亮さんはモコモコのフリースにニット帽、安田章大さんは赤いチェックのアウター、村上信五さんは黒のMA-1と個性豊かなファッションで登場した関ジャニ∞。9月に発売した「ここに」を全力で2度歌唱し、紅白の感触を確かめました。

 報道陣から意外な注目を集めていたのは丸山さん。音合わせの合間に関係者や報道陣に会釈したり、手を振ったりとサービス満点で、「良い人」「優しい」といった声もあがっていました。

 音合わせ後は囲み取材にも応じたメンバーたち。「2018年を漢字一文字で表すと?」との質問に村上さんは「色」と答え、「赤という色がなくなってしまい、そこに引っかかっている人は(いると思います)。ファンの皆さんが一番引っかかっているでしょうが、その分もというか、赤が抜けた分も、すばる君がいない分もこれから6人でやっていかないといけません。そういう意味ではいろんなことがありました」と年内でのジャニーズ事務所退所を発表している渋谷すばるさんについて触れました。

 また2017年2月に良性の脳腫瘍「髄膜種」の手術を受け、2018年4月に腰と背中を骨折したことを明かした安田さんは、「生きております! 生きてますから。人生“色々”ありますから」と村上さんがあげた今年の漢字に絡めて現在の健康ぶりをアピールしました。

 会見終盤に「嵐」の櫻井翔さんが白組の司会を務めることについて聞かれた村上さんは「もう嵐ばっかあかん!」とジェラシーを燃やし、「(来年の目標は)紅白の司会です!」と沸かせ、「また来年!」と笑顔で囲み取材を締めくくりました。

ねとらぼ

最終更新:2018/12/29(土) 23:41
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事