ここから本文です

トキの「野生絶滅」指定見直しへ

2018/12/29(土) 16:32配信

共同通信

 環境省が絶滅の恐れのある野生生物を分類したレッドリストで「野生絶滅」に指定している特別天然記念物トキを、絶滅の危険性が1ランク低い「絶滅危惧1A類」に見直す方向で検討していることが29日、同省関係者への取材で分かった。野生復帰が順調に進んでいるためで、2019年の変更を目指している。実現すれば1998年の指定以来、21年ぶり。

 レッドリストは、絶滅の恐れが高い順に「絶滅」「野生絶滅」「絶滅危惧(1類、2類)」「準絶滅危惧」に分類。1類は、さらに危険性の高さでA、B類に分ける。鳥類の指定はトキだけだ。

最終更新:2018/12/30(日) 10:39
共同通信

あなたにおすすめの記事