ここから本文です

藤田淑子さん死去 声優仲間・漫画家ら続々追悼「悔しくて泣いています」

2018/12/29(土) 9:40配信

オリコン

 テレビアニメ『一休さん』の一休役、『キテレツ大百科』のキテレツ役など数多くのキャラクターを演じ、浸潤性乳がんのため68歳で亡くなった声優・藤田淑子(ふじた としこ)さんの訃報を受け、声優仲間や漫画家などが続々追悼コメントを寄せている。

【画像】藤田さんが演じ人気を博した『デジモン』の太一

 声優の神谷明はツイッターで「先程、藤田淑子さんの訃報が届きました。尊敬する先輩であり、素敵な友人でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。頑張っていただけに、悔しくて新幹線の中で泣いています」と記し“最後の写真”を添えた。

 古川登志夫も「やはり………この報せ、見たくなかったなあ、事務所の公式発表。藤田淑子さんの訃報って」と、つらい胸中を吐露。「これから正月じゃないか! 一緒に芝居したり、仕事したり想い出が多すぎるよ」と、藤田さんとの写真を掲載し「文化放送【青山二丁目劇場】の《支配人》引き継ぎの日のスナップ」と結んだ。

 古谷徹は「藤田淑子さんが昨夜、癌で亡くなった。闘病のことは以前から聞いていたけど、とてもショックだ。海外ドラマ『お茶目なパティ』では姉弟『がんばれ元気』ではライバル『二人鷹』では母子『グーニーズ』では兄弟と、50年近いお付き合いで数え切れないほど共演した。心からご冥福をお祈りします」と追悼。

 國府田マリ子はブログで「優しいとこさん 笑顔しかおぼえてないです みんなでカラオケに行った時 一休さんを嬉しそうに歌ってらしたとこさんメールの設定が出来なくてまりこちゃん、メール設定してくれる? とこさんメール設定してから ずっとわたしが勝手に作ったメルアド使ってくれてたとこさん でもほんとは一番本気でわたしを最初に叱ってくれたのもとこさん」と思い出を回顧。

 「青二プロダクション所属してから一番最初のお仕事で。あの時も、思えば笑顔で叱ってくれた大好きです。わたしの一休さん。みんなの一休さん。世界の一休さん。とこさんありがとうございました。いまはどうかゆっくり休まれてください。大好きです。藤田淑子さま」としのんだ。

 置鮎龍太郎は「藤田淑子さんの訃報に接し、心より哀悼の意を表します。私にとっては大先輩であり、かけがえのない生徒の1人立野広であり、うまくまとまりませんが、私が脇目も振らずに鵺野鳴介を演じる事ができたのは、とこさんがスタジオに居てくれたから。またお会いしたかったです本当にお疲れ様でした」とつづった。

 漫画家の末次由紀氏はツイッターで「ううう…。藤田淑子さんの訃報を聞きショックです。ちはやふる三期でも宮内先生役をやってくださるはずでした…」と記し「二期の時、藤田淑子さんにアフレコ現場でお会いできて、子供の頃キテレツが大好きだった気持ちがブワッと溢れたのを思い出してました。ご冥福をお祈りします」と伝えた。

 所属する青二プロダクションはきのう28日、公式サイトでは藤田さんの訃報とともに「生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と報告。また、通夜告別式に関しては、家族葬で執り行うとした。

 藤田さんは、『一休さん』の一休役、『キャッツ・アイ』の来生泪役、『キテレツ大百科』のキテレツ(木手英一)役、『デジモンアドベンチャー』の八神太一役、『地獄先生ぬ~べ~』の立野広役、『ガラスの仮面』(2005年版)の月影千草役など多くの人気作品で主要キャラクターを演じてきた。

最終更新:2018/12/31(月) 13:25
オリコン

あなたにおすすめの記事