ここから本文です

帰省ドライバー必読 渋滞が発生しやすい「サグ部」とは?

2018/12/29(土) 7:07配信

ウェザーニュース

 年末年始の渋滞に関しての予測をNEXCO各社や交通情報センターなどが28日(金)に発表。
 それによると、1月2日(水)と3日(木)に多くの渋滞が発生する見込みです。

日本海側を中心に雪の中の走行注意

 東北から九州の日本海側を中心に雪となるため、年末年始は東北南部や北陸、山陰の高速道路で通行止めリスクが高まります。走行する際は、冬用タイヤに加えタイヤチェーンの携行をお願いします。

 しかし、渋滞が起こるのは要因は、悪天候や事故など明らかに目に見える現象だけではありません。
 渋滞を少しでも避けるために渋滞が発生しやすい場所とその理由をご紹介します。

自然渋滞 主な3つの発生場所

 自然渋滞をもたらす場所として、主に3つあります。

 【1.追越車線】
 走行車線をゆっくり走行する車を引き金に、後ろの車が遅い車を避けて車線を変更します。その後、追越車線に車両が集中し、車間が詰まった車群が形成されます。

 追越車線では何かの拍子に1台がブレーキを掛けると、直ぐに後続車に伝播し、流れが停滞します。その後、走行車線でも、後続車が次々に速度を落とすため、流れが停滞し渋滞が発生する仕組みとなっています。

 【2.合流部付近】
 インターチェンジからの流入車が高速道路に合流した際、走行車線を走行している車が合流車にあわせて速度を落とすため、走行車線の流れが停滞します。

 また、走行車線の流れが遅いため、追い越し車線へ車線変更する車が発生し、追越車線の後続車が車線変更した車に追いつき速度を落とします。

 そして、追越車線では、後続車が次々に速度を落とすため流れが停滞し渋滞が発生するという仕組みです。

 【3.サグ部】
 上り坂やサグでは無意識に速度が低下する車が原因で、車間距離が短くなった後ろの車はブレーキを踏みます。後続の車が次々とブレーキを踏むため、つぎつぎと渋滞が発生します。(※サグは下り坂から上り坂にさしかかる凹部のことを言います。)

 「サグ部」というのは実はやっかいもので、自然渋滞の約半分を占めています。では、渋滞を引き起こしやすい理由についてみていきます。

サグ部での渋滞の原因は「無意識の速度低下」

 サグ部での自然渋滞はドライバーが上り坂であることを正しく認識できていないがために、速度が低下して発生します。いわゆる「無意識の速度低下」です。

 目の錯覚によりなかなか上り坂に気づかないことが多いため、サグ部では速度回復情報板やエスコートライトなどが設置されています。

 もし見つけたら、速度が落ちていないかどうかを車の速度計で確認するようにしてください。

ウェザーニュース

最終更新:2018/12/29(土) 7:07
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事