ここから本文です

22年ぶり高校サッカー選手権出場 チーム導く攻撃の要 久乗聖亜(京都・東山3年)

2018/12/29(土) 12:16配信

高校生新聞オンライン

 今夏のインターハイのサッカーでベスト4に入った東山(京都)が、22年ぶり3回目の全国高校選手権への出場を決めた。攻撃の中心はFW久乗聖亜(3年)だ。

状況判断に優れたフォワード

 ピンポイントで味方に通すパス、巧みに切り返して相手を抜くドリブルなど、技術への評価が高い。加えてタイミングよく飛び出して味方からボールを引き出し、ボールを受ければドリブルやパス、シュートなど瞬時に選択してチャンスをつくり出す。視野が広く、状況判断に優れた選手だ。

 インターハイの準決勝で、久乗は無得点に終わった。「相手のセンターバックが強く、得点力に欠ける自分の弱さが目立って本当に悔しかった」。この思いをモチベーションに変え、「フォワードとして練習のときからシュートで終わる、シュートを決めきることを意識してきた」。さらに「今年のチームは、突出した力を持つ選手はいないので、チーム力や組織力が鍵になる。自分が起点となるシュートやクロス、相手守備を崩す練習に取り組んできた」という。

 迎えた選手権京都予選。京都共栄との決勝では、練習の成果が発揮された。開始4分、「自分が欲しているスペースにクロスがドンピシャに来た」。ゴール前に走り込み、頭で合わせて先制した。「自分が点を取ればチームもよくなると思うんで、ほっとした」。しかし、満足はしていない。「大会を通じて自分が決めていればチームが楽になった場面や、ボールを失って守備陣に迷惑を掛けた部分も多かった」と反省も口にする。

「怖い選手になる」

 全国大会に向けて「もっと怖い選手になってピンチをチャンスに、チャンスをゴールにつなげ、日本一を取りたい」と話すエースは「(チーム内の)意思疎通を徹底できればいい結果がついてくると思う。チームのため、仲間のために全国で暴れたい」と意気込んでいる。(文・写真 木和田志乃)

高校生新聞

最終更新:2018/12/29(土) 12:16
高校生新聞オンライン

あなたにおすすめの記事