ここから本文です

この冬一番の寒気 日本海側は暴風雪 交通障害に警戒

2018/12/29(土) 5:58配信

ウェザーマップ

 上空約1500メートルには、北日本で-12℃以下、東日本と西日本でー9℃以下のこの冬一番の寒気が流れ込んでいる。日本付近は、強い冬型の気圧配置が続き、北日本と北陸では暴風雪や高波に、関東甲信では、群馬県や長野県の山沿いを中心に、大雪による交通障害に警戒が必要となる。

大雪

 北日本から西日本にかけての日本海側を中心に雪が降り続いて大雪となっている。群馬県みなかみ町藤原で29日午前5時には積雪深101センチとなるなど、山地を中心に積雪の深さが平年より多くなっている所がある。この先も30日にかけて、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に大雪となる見込みだ。また、東海地方や近畿地方の平地でも積雪となるおそれがあり、午前5時には岐阜市で積雪深1センチ、滋賀県米原市で8センチとなっている。

 きょう29日(土)夕方にかけては、関東甲信では群馬県や長野県の山沿いを中心に大雪による交通障害に警戒、30日にかけては、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に大雪やなだれ、着雪に注意が必要だ。

暴風雪・高波

 東北地方日本海側と北陸で暴風雪や大しけとなっている所がある。北日本では29日夜遅くにかけて、北陸では29日朝にかけて、暴風雪となり、猛ふぶきとなる所もありそうだ。また、北日本から西日本、南西諸島の広い範囲で海上はしけとなり、東北地方日本海側と北陸地方では29日夕方にかけて大しけ、北海道地方では29日夜から30日にかけて大しけとなる見込み。
■30日にかけての予想最大瞬間風速
 北陸     35メートル
 北海道、東北 30メートル
■30日にかけて予想される波の高さ
 北海道、東北日本海側、北陸 6メートル

 北日本と北陸地方を中心に、暴風雪、高波、吹きだまりによる交通障害に警戒が必要だ。

最終更新:2018/12/29(土) 6:07
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事