ここから本文です

大谷選手へ熱い思い 水沢江刺駅構内に市 寄せ書きコーナー設置【岩手】

2018/12/29(土) 9:30配信

岩手日日新聞社

 奥州市は28日、JR水沢江刺駅構内に「大谷翔平選手新人王獲得お祝い寄せ書き」コーナーを設けた。乗降客らが大谷選手を応援する熱い思いを記している。

 市は古里に帰省する人たちに、大谷選手へのお祝いのメッセージとともに応援する思いを伝えるため、年末年始に合わせて「寄せ書き」を設置した。

 縦90センチ、横120センチの白いシートで、「新人王おめでとうございます」とのお祝いメッセージをはじめ、「これからも身体に気をつけて頑張ってください」「応援しています!」「これからも応援しているヨ」などの激励の言葉が寄せられている。

 仙台市から陸前高田市に帰省する会社員萱野利加子さん(38)は長男蒼唯ちゃん(1)と一緒に、「大谷選手おめでとうございます。ケガにきをつけてがんばってください」と記し、「テレビを見ながら応援している。岩手出身の有名な選手なので、これからも頑張ってほしい」と話していた。

 「寄せ書き」はメッセージがいっぱいになった時点で終了予定。その後は、同駅構内に来季開幕ごろまで掲出するほか、市の公式ホームページなどで紹介する。

最終更新:2018/12/29(土) 9:30
岩手日日新聞社

あなたにおすすめの記事