ここから本文です

フェースが開いた状態で当たるのが本当のスクェア!? 正しいインパクトの作り方

2018/12/29(土) 20:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平。キレのいい動きでゴルフスウィングを解き明かす原田が「スクェアなインパクト」を伝授してくれた。フェースが開いた状態で当たるのが、本当のスクェアだった!?

今回のレッスンは「スクェアなインパクト」をテーマに話をしていきましょう。多くのアマチュアは、ボールに対してヘッドが真っすぐ入ってきて、フェース面が直角に当たるのが、スクェアなインパクトだとイメージしている人が多いと思います。

しかしゴルフのボールはサイコロのような四角ではなく、丸い球体の形をしています。四角であれば、真横から真っすぐ、フェースを直角に当てる必要がありますが、球体の場合はヘッドがやや内側から入ってきて、緩やかな円を描くように内側に抜けていく軌道が、正しいスクェアなインパクトのイメージになります。

さらに詳しく説明すると、ヘッドがインサイドから入ってきて、ボールに当たる瞬間の入口のところでは、フェースはまだ開いた状態。そしてボールがヘッドから離れる出口のところで、フェースがスクェアになる。この感覚をつかむことがとても重要になるんです。

分かりやすいように、インパクトの入口と出口にアライメントスティックを置いてみましょう。多くのアマチュアの方は入口のイメージがターゲットラインに対して直角で、そこにヘッドを真っすぐ入れようとします。このイメージでインパクトすると、フェースを早くスクェアに戻そうとしてアーリーリリースになり、ハンドファーストにボールをとらえることができません。

プロや上級者のように、正しいインパクトイメージを持っている人は、ターゲットラインに対して、入口ではややインサイドから入ってくる意識があり、出口のところで直角になる意識があります。インパクトは一瞬ではなく、ボールがフェースに接触してから離れるまでには時間があります。入口ではインサイドからフェースが開いた状態で当たり、出口でボールが離れる瞬間にフェースはスクェアになる。この関係性を理解することがとても大事です。

「インパクトでフェースが開いていてもいいの?」という疑問を持つ方もいると思います。ボールに対して、ヘッドを真っすぐ入れる意識がある人は、フェースが開いて当たると、右にボールが飛び出す怖さを感じるかもしれません。インパクトの入口でフェースが開くという意識ではなく、入口ではヘッドをインサイドから入れるという意識に変えることで、いいイメージでスウィングできるようになります。

最後に、クラブをインサイドから入れる感覚をつかむ練習法を紹介しましょう。ヘッドをインから入れていく入口のラインに合わせて、ボールを斜めに3つ置きます。この状態から真ん中のボールを打っていきます。よりイメージがしやすいように、アライメントスティックなどを置いて、ヘッドを通していくゲートを作ってもいいでしょう。このドリルを行うことで、正しいスクェアなインパクトが身に付きます。(談)

取材協力/ヒルトップ横浜クラブ

みんなのゴルフダイジェスト編集部

あなたにおすすめの記事