ここから本文です

土木が原風景となる時(3)海上吊橋の堂々たる威容「下津井瀬戸大橋」

2018/12/29(土) 11:00配信

THE PAGE

■施設データ:下津井瀬戸大橋
・所在地:瀬戸内海(岡山県倉敷市~香川県坂出市)
・橋梁形式:張出径間付単径間補剛トラス吊橋
・供用開始:1988年(昭和63年)
・諸元:橋長1400メートル・中央支間940メートル

著者プロフィール
吉川弘道(よしかわひろみち)1975年早稲田大学理工学部卒。工学博士(東京大学)、技術士(建設部門)。米コロラド大学客員教授、東京都市大学教授を経て、現在、東京都市大学名誉教授。専門は、耐震設計、地震リスク。土木学会論文賞など多くの受賞歴がある。現在、インフラツーリズム推進会議議長を務めるほか、投稿サイト「土木ウォッチング」やFacebookページ「Discover Doboku」を主宰。著書は「鉄筋コンクリート構造物の耐震設計と地震リスク解析」(丸善)など7冊を上梓。

2/2ページ

最終更新:2/23(土) 15:39
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事