ここから本文です

【箱根駅伝】区間登録発表…青学大2区は梶谷瑠哉、エース森田歩希は補欠に温存

2018/12/29(土) 16:00配信

スポーツ報知

 第95回箱根駅伝(来年1月2、3日)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場23チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。

 史上初となる2度目の学生駅伝3冠と箱根史上3校目の5連覇を狙う“絶対王者”青学大は、エース区間の2区に絶好調の梶谷瑠哉(4年)を登録した。前回2区区間賞の森田歩希主将(4年)は補欠登録で、レース当日に3区に投入されることが濃厚。準エース区間の4区には今季急成長の岩見秀哉(2年)が抜てきされた。5区には「4代目・山の神になれる」と原晋監督(51)が期待する竹石尚人(3年)、6区には史上14人目のV4メンバーを狙う小野田勇次(4年)、7区には前回区間新記録をたたき出し、金栗四三杯(MVP)を獲得した林奎介(4年)と“鉄板メンバー”が入った。さらに前回1区5位の実力者の鈴木塁人(たかと、3年)も補欠に温存されており、盤石の布陣。「ゴーゴー大作戦」を掲げ、箱根駅伝V5を目指す原監督は「自分たちの力を発揮すれば高い確率で勝てます」と自信を見せた。

 「本命」の青学大に対し、対抗1番手は東洋大。1区は前回区間賞の西山和弥(2年)。山本修二(4年)と相沢晃(3年)のエース格はともに補欠登録。2区に絶好調の山本、前回2区の相沢は4区に回ることが濃厚。5区の田中龍誠(2年)、6区の今西駿介(3年)は前回と同じ布陣で上積みが期待できる。7区以降の踏ん張りが5年ぶりの王座奪還の鍵を握る。

 出雲駅伝(10月8日)3位、全日本大学駅伝(11月4日)2位で悲願の箱根路初制覇を狙う東海大は1区は前々回2位の鬼塚翔太(3年)、2区は箱根駅伝初出場の湯沢舜(4年)に託した。前回2区7位の阪口竜平(3年)は青学大の林対策として7区に投入された。日本選手権1500メートル連覇の館沢亨次(3年)、「黄金世代」と呼ばれる3年生のエース格の関颯人は補欠登録。館沢は4区あるいは8区に投入されることが考えられる。一方の関は体調が万全ではなく、出番がない可能性もありそうだ。

1/2ページ

最終更新:2018/12/29(土) 16:00
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事