ここから本文です

「納め不動」無事に感謝 津幡・倶利迦羅不動寺、縁起物をお焚き上げ

2018/12/29(土) 1:59配信

北國新聞社

 津幡町倶利伽羅の真言宗倶利迦羅不動寺山頂本堂で28日、今年1年の締めくくりとなる「納め不動」が営まれ、参拝者が本尊の不動明王に感謝の気持ちを込めて手を合わせた。

 山頂本堂では、法要前に今年の縁起物を焼き納める「お焚(た)き上げ」が行われ、僧侶の読経が響く中、ヒノキの枝葉で組まれた祭壇でお守りやだるまなどが燃やされた。

 同寺では、元日から8日まで新年の初護摩法が営まれ、三が日で約7万人の参拝を見込んでいる。五十嵐光峯(こうほう)住職は「今年1年間のご縁に感謝し、さらに来年へとご縁をつないでいってほしい」と話した。

北國新聞社

最終更新:2018/12/29(土) 1:59
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事