ここから本文です

大宮FW清水&大分DF岸田が水戸に加入…レンタル中のMF黒川も移籍期間を延長へ

2018/12/29(土) 16:14配信

ゲキサカ

 水戸ホーリーホックは29日、大宮アルディージャからFW清水慎太郎(26)が期限付き移籍で、大分トリニータからDF岸田翔平(28)が完全移籍で加入することを発表した。

 また、大宮から期限付き移籍しているMF黒川淳史(20)の移籍期間を延長することも併せて発表。清水と黒川の移籍期間は2020年1月31日までとなり、移籍元である大宮との公式戦には出場できない。

 清水は今季J2リーグ戦10試合で1得点を記録し、天皇杯では2試合に出場。水戸のクラブ公式サイトを通じ、「チームの力になれるよう結果を残します」と誓っている。

 今季J2リーグ戦4試合、天皇杯1試合に出場した岸田は「チームの勝利のために、まず日頃の練習から全力で頑張ります」と意気込みを語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW清水慎太郎
(しみず・しんたろう)
■生年月日
1992年8月23日(26歳)
■身長/体重
175cm/72kg
■出身地
埼玉県
■経歴
浦和Jrユース-西武台高-大宮-岡山-大宮
■出場歴
J1リーグ:36試合2得点
J2リーグ:81試合12得点
カップ戦:16試合3得点
天皇杯:17試合4得点

●DF岸田翔平
(きしだ・しょうへい)
■生年月日
1990年4月3日(28歳)
■身長/体重
180cm/72kg
■出身地
大分県
■経歴
大分U‐15-大分U‐18-福岡大-鳥栖-長崎-大分
■出場歴
J1リーグ:4試合
J2リーグ:91試合5得点
カップ戦:4試合
天皇杯:6試合

最終更新:2018/12/29(土) 16:14
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事