ここから本文です

12月28日の海外株式・債券・為替・商品市場

2018/12/29(土) 7:19配信

Bloomberg

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル指数が2週連続の下げ、米政府機関閉鎖が重し

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要10通貨のほぼ全てに対し下落。トランプ米大統領は国境の壁建設資金が必要だとする姿勢を頑として譲らず、米政府機関の一部閉鎖が7日目に突入したことが意識された。

ブルームバーグのドル指数は続落。一時は11月7日以来の水準を付けた。週間ベースでも0.7%低下と2週連続のマイナスとなった。トランプ大統領はこの日、国境の壁建設資金の拠出がないならメキシコ国境の全面閉鎖も辞さないとツイート。米政府機関の閉鎖が年明けまで続く見通しとなった。

ニューヨーク時間午後4時25分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。ドルは対円で0.7%下げて1ドル=110円21銭。ユーロはドルに対して0.2%高の1ユーロ=1.1449ドル。

国際通貨基金(IMF)のデータによると、7-9月(第3四半期)には世界の外貨準備に占めるドルの比率が61.9%と、約5年ぶりの水準に低下した。

ドルは対円で下げたが、1ドル=110円を割り込むことはなかった。

欧州時間の取引

ドルが主要通貨の大半に対して下げ、ドル指数が続落。共和党の下院議員が前日、週内に採決の予定はないと述べ、政府閉鎖が年明けまで続く見通しとなったのが嫌気されたほか、トレーダーの間で米追加利上げを見込む動きが後退しているのが背景にある。原題:Dollar Declines for Second Week Amid U.S. Shutdown: Inside G-10(抜粋)Dollar Extends Losing Streak Amid U.S. Shutdown: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が3日ぶり下落、変動の大きい相場続く

28日の米株式相場は3日ぶりに下落。薄商いの中、日中は上げ下げを繰り返す変動の大きな展開となった。米国債は上昇。

1/3ページ

最終更新:2018/12/29(土) 7:19
Bloomberg

あなたにおすすめの記事