ここから本文です

カンナvs浜崎 勝負はグラウンドの攻防!?【12・31 RIZIN.14】

2018/12/30(日) 2:47配信

TOKYO HEADLINE WEB

「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月29日、東京都内で開催された。

 第12試合の「RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ」に出場する浜崎朱加は「怪我もなくうまく調整できたので、調子がいい」と話した。浜崎有利という中での試合については「気にせずにいつも通り調整して来た。アメリカで世界チャンピオンになっているので負けられないという気持ちを持ちつつ程よい緊張持ちつつ臨みたい」と心身ともに好調をキープしてのタイトルマッチになりそう。

 対戦相手の浅倉については「浅倉選手はレスリング力があってポジショニングも強い、上を取られてしまったら厄介」としつつも「下からの練習もして来たので、やりたいことをしっかりやって、一本、KOを取りたい」と話した。また「きつくなったらお互い得意なところで勝負しにくると思うので、最後は寝技になると思う」とグラウンドでのフィニッシュを予想した。

 対する浅倉は「気持ち的にもカラダ的にも今年一番です。試合が楽しみ。RENAさんとの試合に比べたら気持ち的には楽で、自分も挑戦者として挑むので、プレッシャーは感じていない。厳しい戦いになると思うのですが、自分の得意な部分で勝負して、いつも通りの自分を冷静に出していきたい」などと話した。

 浅倉は米国で単身武者修行してきたのだが「レベルの高さを感じた」と言いながらも「通用する部分もあった。タックルも切られる場面もあったが、自信を持ってもいいところだとも思った」と話し、試合については「テイクダウンしてからも安心できない選手なのでしっかり対策して来ました。決めることは大事ですが、勝ちに行きたいので、まずは決められないこと。その中で勝ちに行けるように練習して来た」とどん欲に勝利を目指す姿勢を見せた。

 一方で、浜崎については「偉大な先輩というふうに見ていたので、正直、試合が決まるかってなった時不安もあり今も不安になることたくさんありますが、そこを乗り越えていきたいのでしっかり勝ちたい」と話す。この「不安」については「負けるかもしれないと思うこともあったのですが、勝つための練習をしているのでその不安はどんどん消えて行き自分をどんどん出せば勝てると思っています」とのことで、浜崎の公開練習については「そこで怖くなっても嫌なので、インタビューとかも見ていない」とも話した。

最終更新:2018/12/30(日) 2:47
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事